四柱推命AKIZUKI.|占いと教室|吉祥寺|東京|鑑定|スクール・講座・学校|元:宮幹藍后の占いと教室

[TEL] 0422-49-2384
[MAIL] akidukikai.info@gmail.com
[営業時間] 10:30~19:30
NEW「2020年運のお話」を掲載しました!

2020年「庚子の年」

新春会での宮幹藍后 運の話


■新春会パンフレットから抜粋内容

今年の干支は「庚子」(かのえ ね)で、天の動きの庚(金)と地球の姿である子(水)の出会いの年です。
金と水の関係は、五行の働きでは、「相生」であると解りますね。相生とは、応援であると同時に生産性を意味しています。
「水」である地球が天である「金」から応援を受ける年となります。この事が吉と出ることと凶と出ることの両面から分析してみたいと思います。

実はもうすでに凶と出ることは始まっていますが、詳しくは、宮幹のスピーチでお話し致します。
昨年度までの運気が消滅して新たな芽を出す準備がなされて、まさに芽を出そうとする時は始まっているのです。

■️新春会 宮幹藍后のスピーチより抜粋
◎スピーチ内容は、一部新春会にご参加して頂きました方々が受け取る事が出来る内容となりますので抜粋のかたちでの掲載となります。

『運の話し』
皆さまの新春会パンフレットに少しだけ運の話しが入っていますが、その中で、もうすでに2020年に凶と出る運気が始まっていることお伝えしています。

昨年までの気が消滅を迎えて完全に死滅し、そして新たな芽を出す準備がなされる作用が開始されました。
ですから今年2020年の運気がもう芽を出し始めたという事になります。
今年(2020)は、天のサイクルは「庚」(かのえ)ですから、つまり天の動きは「金」です。
そして地のサイクルである地球の姿は「子」ですから「水」です。
「金」と「水」の出会いの年です。五行の働きでは、「相性」ですから基本的には、平和を意味する組み合わせとなりますが。

私宮幹は、『深い海に沈んでゆく鉄の塊』をイメージさせられます。
特に今年の「子」は、沢山の水を表しています。水が多ければ金は、沈み世に出られない状態になりやすいでしょう。

金と水の出会いにより、良い面もあります。
金は水で洗われる事により輝きを増しますので金の持ち味である、活動力、生産性が発現してきそうです。金に分類される産業は、活性化致します。

私、宮幹は、金と水の出会いにより、不安定さが浮き彫りになりますので、大量に生産されるものがでて市場でのやり取りが活性化するものの、使われずに保管されるもの、在庫となるものが大量に出てきそうだと考えます。

ご注意頂きたいのですが、調子に乗り大量生産に踏み切ると痛い目に会う場合もありそうです。このことは、実際には、個人の運気に大きく左右されます。

それでは、天の動きである「庚」金から見て行きましょう。
庚(金)は、陽の金。天にあっては、「風」を意味し、「露」を意味します。良く風の吹く年となりそうですので、台風や竜巻の影響を懸念すべき年です。気候も変転しやすく乱高下が予想されます。

更に「庚」は、悪い面では重金属や武器、弾薬、刀剣を表します。水を得ると清くなり、水で洗われると美しさを増します。この事の意味する事は、沢山の武器、弾薬の生産性を示唆致します。各国が武器を蓄える事に繋がりそうです。
そして、主導権争い、主導者争いが各国、各企業、各団体で起こりがちとなります。この事の後押しには、新しいサイクルのスタートと繋がり、後押しされます。

また今年の特性から同盟国問題に関わる事が予想されます。
日本は、同盟国であるアメリカの問題が大きく影響を及ぼすと懸念しなければなり ません。また今年の特性の危機管理に対して軽はずみである事が心配の材料です。特に日本は、危機管理に対して甘いところがありますからその点が浮き彫りになりそうです。

「庚」の良さは、強い正義感です。男性的、英雄的で力強いのです。ですから庚は、正義と破壊の両面を持ち合わせます。

そして金の病気は、皮膚や呼吸器系統、肺に関係しますので、インフルエンザなど流行性の細菌の病気、腸に関係する病気、大腸癌や食中毒、下痢などが注意の年となります。

もうすでにこの事は、芽を出しましたね。
コロナウイルスの世界中での流行が心配される年です。今年は、生産性を帯び拡散される年ですから大きく飛び火して広がっていく事は避けられないでしょう。

また今年の最大特性として「騙されやすい」性質がありますから詐欺的事件が多くなると思われますから「うまい話」には乗らないようにおきをつけください。
映画で中井貴一主演の「嘘八百」は、詐欺のお話が上映中です。世の中の傾向に合わせてタイミング良く出て来るものですね。^_^
注目されると思います。

次に「子」を見て行きましょう。「子」は、陽の「水」です。
「陽の気が、いろいろに発現しようとする動きを見せる」
それは、社会的秩序の新たな始まりを意味し、多様化を意味しますから古い風習や習わし、やり方が見直され新たなやり方が誕生しそうですね。

リーダーシップを取れる方々の面々が入れ替わりになる事もありそうです。この場合には、個々の運気も関わりますので一概には言えませんが。運気が少し落ちている人は、一気に交代劇が開始されるでしょう。

水の性質は、冷静さと客観性、そして知恵が働き動く時です。物事の細かな気づき、まめまめしさ、そして物や金銭を蓄える傾向が強い星です。そんな良さがあります。

また大きな特性としては、異性間においてのトラブルが多い事です。男女間のもつれ、夫婦間の問題が明るみに出やすい年まわりの時です。 男女間のスキャンダル、性的スキャンダルが次々と表面化しやすい年なのです。

また、今年は利害に敏感な年ですから各国間、各企業間の交渉も利害が一致しないと決まりませんが、流通性、変化を好む傾向がある時なので、利得により長年のお付き合いがあっさりと変化してしまう事も起こりがちでしょう。

会社間の取り引きなどでは、自分の利益ばかりを優先している企業や会社は、取り残されてしまうという事です。下請けからも見放されてしまうような事が発生してしまうでしょう。

「庚」と「子」が組み合わさる事により革命的に変化してしまう傾向を生じるのですが、その道を辿るのでは無く、「進化の道を辿るべき事が得策である」と考えられます。
革命ではなく進化です。今年のキーワードは、『進化』です。

それからもう一つ。
航空機の墜落なども起こりがちです。水災、火災、空、海の事故に注意の年です。
午年、6月、午日、11時~13時までに生まれている人は、引っ越しや転職、災害に注意のいる年まわりの暗示が強くなりますのでご注意のいる年まわりとなるでしょう。

2020年、全ての人に当てはまる開運のものは、「丑」です。丑のものを身につけると良いでしょう。
3月、6月には、必要です。
3月は、不調和、ストレス、心配事、隠れた病気が現れやすい月です。
6月は、障害や不運を呼び込みやすい時です。また不和を起こしやすい時です。
ご注意いただきたい月ですね。

◎以下の内容は、新春会参加の方の特別内容となりますので割愛させて頂きました。
●「子」の水のもたらす良い事
●冬の季節の間、逆風となる産業と詳しい内容
●株式市場の動向と急上昇の可能性の高い時
●各五行に分類される産業の総合的な動き
●「金」の産業の利益状況
●金運の消える産業の読み解き
●金の詳しい産業

■️終わりの挨拶
四柱推命学は、未来を正確に予測する学問ですね。
この学問は、宝物です。
宝物である学問、四柱推命学をどう活かしていくかは、皆さん次第ですが
使わなければ意味がありません。

自分に活用することは、もちろん、周りの方々に是非使っていって下さい。
鑑定を通して、お話しすることにより何かしらの活路は、見出せるものです。
収穫があるものなのです。

それは、皆さんが正確に未来を予測できる一握りの人間だからなのです。
ある意味、選ばれた存在なのです。
宝物を是非活用してください。
ひとりでもその方が四柱推命の鑑定を通して自分を見つけて、自分らしく生きることができたならば、私達もきっといつかしあわせのお裾分けがいただけますね。^_^

紹月会の鑑定は、時の運気と冲の衝突作用と身体の状態の三方方向から総合的に判断する唯一稀な鑑定方法です。
自信をもって活動なさってください。また来年の新春会で皆さんのご報告を聞かせてください。
会えて本当に嬉しかったです。皆さんのご活躍をいつでも、応援しております。

宮幹 藍后

宮幹藍后について

入門説明会
四柱推命鑑定のご予約
四柱推命無料占い鑑定【性格分析編】

ご自身やご家族・友人、
気になるあの人の性格を占ってみませんか?

生年月日をご入力ください

西暦


内面の性格
外面の性格

著作のご案内

【「眞医」陰陽五行四柱推命学】「漢方」と「四柱推命学」で病気を予防する!!
※一部内容につきまして、訂正箇所がございます

メディア掲載情報

メディア掲載情報

↑ PAGE TOP