四柱推命AKIZUKI.|占いと教室|吉祥寺|東京|鑑定|スクール・講座・学校|元:宮幹藍后の占いと教室

[TEL] 0422-49-2384
[MAIL] akidukikai.info@gmail.com
[営業時間] 10:30~19:30
NEW入会金半額キャンペーン中!

2014年「甲午の年」

甲午の年の運気を読み解く。

2014年の天の意味は「甲(きのえ)」であり、 地の姿は「午(うま)」であります。

今年の天の気。

【甲】きのえは、「草木の芽が殻を破って頭を出した象形文字」です。

甲は、万物を生育する。

万物が、初めて殻を破ってでる状態を指し上へ上へ伸びることが本能です。

発展を意味します。

天にあっては、「雷」「龍」地にあっては、「木材」なのです。

性質は、堅く真っ直ぐです。

気質は、温順で、篤実。

思慮深さがあります。そして、発明心があります。

また、甲は時を得ると棟梁の材となります。

これは、成長や成功を意味しています。

また、甲の原義は、実体を封じ込める意味です。

外見からは、中身を伺い知る事ができません。しかし中身は、熟した状態です。

新しい植物、あるいは、新たな生命体が、誕生するのは確かなのですが

何が誕生するのかわからない。

社会においては、これまでの、やり方や、習わしなど、古い体制が破れて革新が始まる時。

何かが世にでようとしています。

春には物事が大きく成長する事となります。春は、寅の月二月から開始となります。

つまりもうすでに、世にでようとする運気が、開始になっているのです。

革新の芽の誕生です。


今年の地の気。

【午】うまは、「杵の形をした呪器の象形文字」。

午は、陽の極みでありますが、一日でいえば、正午が、陽のエネルギーの最も高い時であり、

正午を過ぎるとエネルギーは落ちて行きます。

天井を打った後は、下がるしかないのです。

「辰巳天井、午尻下がり。」

と言う相場の言葉がありますが、このことを意味しているのですね。


時という歯車に世の中を当てはめて考えますと、反感や反対の勢力の高まりを示します。

午は、相手を良く見ています。

騎手が良ければ、おとなしくもなり、反感の相手に出会えば、荒馬となります。

午は、火の陽のエネルギーの最高潮であり、同時に陰に転ずる時。

季節では、夏至に入ってゆきます。


今年は、天の気である木と地の気である火の調和は、

良い年ですから幸福をもたらす年となりえますが、

ただし火のエネルギーの強すぎる6月は、度を超えて災いが生じる傾向です。


甲午は、死木と言われています。

運気は、殺を迎えて衰退、敵の勢力の高まりを意味します。


この時に行き過ぎたるは、潰されることとなります。

要注意のタイミングですね。


時は、10年単位でテーマを変えておりますが、これが時代です。

また、毎年毎年にも気の変化があります。

今回は、30年の時の流れにも、変化をもたらしています。

新しい30年の始まりです。

と、同時に新しい10年の始まりの時代です。


新しい回転が始まります。

今迄、通用していたことが、通用しなくなったり、消え去ることや手放すものなどが出てきます。


逆に、また手に入る新たなものが出てきます。

領土の問題などには、起こってきそうですね。

この運気の大きな変化は、まるで人生の春夏秋冬の変化の時と同じ状態であると考えられます。


今年を中心に前後、2年から3年が、変化の時となります。


つまりは、新しい回転、新しい時代のタイミングがきたのです。

実を言いますと60年前のサイクル120年前のサイクルにもどったと考えれば良いでしょう。


その時代の中に今世の流行のヒントが、注目されるポイントが、隠されていると思います。

伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮が、実施されて、新時代の幕開けとなったのです。

天の意味するものは、始まりでありそして、地の意味するものは、実行なのです。

世の中の流れを大きく変える働きです。

「今年一年の流れ」

2月、新しい才能、発明などの発達を見 ることが出来る。また、投資のタイミングです。

3月、新たな技術の成長の時。

4月、5月、財が得られないので 結果にむすびつけられず物事が、伸びることができません。

6月、運気は、衰退の時。同時に敵の勢力の高まりを迎えます。要注意の時です。

7月、良い巡りの時です。経済が、活発化し、発達します。

8月、変化の激しい時です。体制は、変わらせられる事となります。

9月、運気は、上昇する暗示の時です。追い風を感じる時。

10月、運命を意味する出来事が発生する暗示です。吉も凶も起こります。 新しい時代を作り上げるヒントが現れます。

11月、いよいよ種の中身が現れます。誕生と発展を意味します。 この時、良い巡りの人と逆に運気を落とす人と真逆の状態になりやすいです。

12月、再び、物事の成長や発達をみます。経済の成長の時です。また投資のタイミングです。 また、災害の高まりをみる時です。 噴火、地震、火事は、起こりますと大規模なものとなります。

1月、経済の成長は、やはり、順調です。伸びる時です。

以上が、今年2014年の流れです。


今から、60年前。1954年。

◎国全体として、高度経済成長時代を迎えました。
◎民主党が、結党される。
◎東通工、今のソニーが、トランジスターを開発、このことが、日本を経済大国につなげる。
◎7月に、自衛隊が発足し、日本が再軍備されました。
◎原子力研究開発予算が、国会に提出された年でもあります。

時という、不思議な空間の中で、時代という文化が、世の中に送り出されます。

新しい発明であるとか、発見といったものが、世に出ようとしています。

つぎつぎと革新的なものが、生み出される事でしょう。

私たちは、まず時代は、変化したのだと認識して、

あらたな文化をつくりあげていくという意識を持つ事が大切です。

また、あらたなものを受け入れることもまた大切となるのです。

時代は変化するのですからね。

時は、一定ではないのですからね。

紹月会代表理事 宮幹 藍后

宮幹藍后について

入門説明会
四柱推命鑑定のご予約
四柱推命無料占い鑑定【性格分析編】

ご自身やご家族・友人、
気になるあの人の性格を占ってみませんか?

生年月日をご入力ください

西暦


内面の性格
外面の性格

著作のご案内

【「眞医」陰陽五行四柱推命学】「漢方」と「四柱推命学」で病気を予防する!!
※一部内容につきまして、訂正箇所がございます

メディア掲載情報

メディア掲載情報

↑ PAGE TOP